毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0492号 今から成功した状態を前提に時間管理しなければならない。


■誰しも現代社会に生きているということは、非常に忙しい時間を生きている、
 ということになります。


■可処分所得よりも重要なものは、可処分時間。

 お金は時間をかければ増やすことが可能ですが、時間を1日24時間以上に
 増やすことはできないからです。

 あなたも可処分時間をいかに増やすかということに日夜頭を悩ませている
 ことでしょう。


■そこで、私が生み出したものの中で、現段階で究極の時間管理術と思って
 いる方法をご紹介します。


■例えば、あなたがなりたいと思っているビジネスパーソン像、あるいは上場
 企業の社長でもいいですし、代議士、著名な文化人、芸術家、何でもいいの
 ですが、あなたのなりたい未来というものを想像してください。

 そして今から、その状態になったときにしているであろう時間の使い方を
 この瞬間からしていくのです。


■あなたがそういう状態になったとき、実りのない雑談、あるいはグチや人の
 悪口といった生産性のない話に打ち興じている暇は、きっとないはず。


■あなたが本気で、いま想像されたような状態になりたいと思うのであれば、
 今から【予行演習】をしておく必要があるのではないでしょうか。


■一足飛びに、そういうタイムマネジメントができるようにはならない
 のです。

 おそらく上場企業の経営者になっている人たちなどは、上場前からそのよう
 な立場になったときの時間管理をしていたに違いありません。


■会社が上場した日から、いきなり上場企業の経営者としての時間管理を始め
 た、ということは現実的には考えられないでしょう。

 そういう時間管理をしていたから、結果として、そのポジションをつかむ
 ことができたのだと思います。


■100の結果を求めて努力して、80を得ることはあるかもしれません。

 しかし10を目指して80を達成することはありえないのです。


■あなたの理想とする究極の姿を思い描いてみること。

 そして、その姿となったときにあなたはどういう時間の使い方をしているか
 を考えなければなりません。

 これは価値観にもよるでしょうが、理想の自分の将来像をできうる限り
 近い将来に引き寄せ、それに向けて自分のライフスタイルを作り替えていく
 必要があるのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■会社が上場できたから上場企業の経営者としての時間管理が    できるようになるのではない。   ■そのような時間管理をしていた結果、そのような人は上場    企業の経営者に至ったのである。   ■なりたい自分の未来像を想像し、すでにそうなっているもの    として時間管理にあたるべきだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。