毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0478号 アウトプットするという目的があるからインプットが重要になる。


■いろいろな人と話をする中で、

 「商売を始めたいが、なかなかそのきっかけがない」とか、
 「何か新しいことを始めたいけれども、何をやったらいいのか分からない」

 といった声をよく聞きます。

 そういう人は、インプットがあまりにも過大になりすぎてしまっている
 のではないでしょうか。


■私もこの『平成・進化論。』でインプットが重要だということは頻繁に
 話をしております。

 しかしそれは、決してインプットだけをやっておればいいということで
 言っているのではありません。

 アウトプットするという目的があるからこそ、インプットが重要になるの
 です。


■インプットはあくまでもアウトプットのための手段なのですから、どこかの
 タイミングでインプットだけではなくアウトプットをするモードに切り替え
 ていかなければいけないのは当たり前のこと。

 インプットだけでアウトプットをする気がないというのは、ちょうどトップ
 レベルのスポーツ選手が、4年間徹底的に体を鍛えに鍛えて、オリンピック
 に出ないようなものです。


■まさかその選手は健康や趣味のために超人的なトレーニングに耐えたわけで
 はないでしょう。

 インプットもまったく同じことなのです。


■健康や趣味のためにインプットをするのなら、別にアウトプットする必要は
 ありません。
 私も、趣味で小説を読むこともありますし、映画も見ます。

 それは別に、ことさらにアウトプットのために読んだり見たりしているの
 ではありません。単に好きだからそうしているだけのことです。


■トップアスリートも、「体を動かしてストレス解消」だとか、「日ごろの
 健康維持・増進のために」ということでやっているのであれば、それは、
 オリンピックに出場する必要もないでしょう。

 しかし彼らは朝から晩まで、信じられないような過酷な訓練に明け暮れて
 いるのです。


■それなら、アウトプットをしなければならないのは当然のこと。

 「今年はたくさんインプットしよう」と誓いを立てておられるなら、
 アウトプットという目的が定まっているかどうか、ぜひここで点検しておく
 ことをおすすめします。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■インプットが重要なのはアウトプットするという目的がある    から。   ■アウトプットなきインプットは、試合に出ないスポーツ選手    の特訓のようなものだ。時間と金銭のムダな投資にすぎない。   ■インプット過多の人は、どこかのタイミングでアウトプット    に切り替えていかねばならないだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。