毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0462号 ライティング能力はビジネスパーソンに必須のスキル。


■実は文章を書けるというだけで億単位のお金が転がってくる商売というもの
 が存在します。


■ただ、文章が書けるといいましても、いろんな形の文章がありますね。


■新聞記者や雑誌記者、あるいは作家といった、文章を書くことに特化した
 技能を持つ人たちがいます。

 しかし、あくまでも、新聞記者であれば新聞を書くための文章を書かれ
 ますし、雑誌記者であれば雑誌のための文章を執筆されます。

 作家は芸術的な文章を追及する人たちです。


■そのような文章スキルを持つ人は、読んでいて惚れ惚れするような文書を
 書くことができます。

 しかしながら、なかなか億単位のお金を儲けることにはつながりません。


■ところがそうした文章作成専門のスキルを持たない、文章のプロたちとは
 別の人種の人たちであっても、一通のダイレクトメールで何千万、何億と
 いうお金を稼ぐ人、あるいは会社というものが世の中にはゴマンと存在
 します。


■文章の技術というものは記者や作家だけの特殊スキルであって、一般の人に
 は難しいものだと思われているふしがあります。

 しかしこの二者は、文章の機能が異なるのです。
 本質的には全く別の文章といえるでしょう。


■あなたがビジネスパーソンであるならば、商売につながる文章作法を身に
 つける必要があります。

 例えばセールスやマーケティングにおいて、おそらくニュースレターという
 ものはこれからの時代に必須だと思います。

 ニュースレターでなくても、メールマガジンであったり、FAX通信であったり、
 どんな形態でもよいのですが。


■一発刈り取りの狩猟型ビジネスは、それはそれでビジネスとして成り立つ
 ものではあるしょう。

 しかし顧客とリレーション(関係性)を持ち、農耕型で継続した関係を
 保つことによって、1ヵ月後、3ヶ月後、半年後、1年後、あるいはもっと
 先に結果が生まれてくるということが往々にしてあります。

 それは、あたかもそれまで青かった柿が時間とともに熟して、やがて自然に
 木から落ちるようなものです。

 私は「熟柿型顧客リレーション構築法TM」(分かる人は笑ってください)

 なんていってますが。


■芸術的な文章が書けなくてもいいのです。あるいは、5W1Hにのっとった
 学問的に完璧な文章も必要ありません。

 ただし商売につながる文章を書くスキルは、今後ますます必要となってくる
 ことでしょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■文章を書けるというだけで億単位のお金が転がってくる商売    がある。   ■文章といっても、ここで必要なのは商業用の文章。   ■ニュースレターを発行して、顧客と継続的な関係を保つ    農耕型ビジネスが今後ますます必要になってくる。   ■芸術的でなくてもよいから、文章を書くスキルをぜひとも    身につけておきたいものだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。