毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0460号 アウトプットは氷山の一角。常にインプットを怠らない。


■「アウトプットが大事であるとよく言われていますが、自分にはアウトプット
 するべきネタそのものがありません。どうしたらいいのでしょうか」

 そのようなご質問をたまに受けることがあります。


■基本的に、私はインプットとアウトプットというものはこのような関係だと
 思っています。


■アウトプットというものは、大きな氷山の、ほんの一角。

 氷山の見える部分がアウトプットであり、1のアウトプットをしようと
 思ったならば、10のインプットをしなければならない。これが、
 私の持論です。


■なぜ私がセミナーに行ったり、人と会ったり、本を読んだり、ビデオ教材を
 見たりするのかというと、インプットし続けなければアウトプットができ
 ないことを重々承知しているからです。


■つまりアウトプットができないということは、インプットの絶対量が
 少ないということになるのではないでしょうか。


■ですから、アウトプットができるかどうかということは、実はすでに
 水面下で決着がついているのです。


■それなのに見せかけだけアウトプットの体裁を整えようとしても、それは
 無理な話です。

 量稽古で、地道な鍛錬をしていくしかありません。


■ただ、一朝一夕に身につくことではないからこそ、身に付いたならば強い
 のです。

 長年インプットに努めてきた結果として、多くの人に受け入れていただける
 ような品質のアウトプットを保てるようになると、そのレベルから落ちる
 ことはなくなります。

 その能力はあなたの貴重な資産となるのです。


■私はたまたまこのようなビジネスのジャンルで情報発信をしていますが、
 別にビジネスのジャンルに限る必要はなく、みなさんがそれぞれ得意と
 されるフィールドで情報発信をしていけばよいのです。


■氷山全体を大きくしようとインプットを続けることによって、水面上に
 ほんの一角だけ見えるアウトプットが光るのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■アウトプットは氷山の一角。氷山全体を大きくしなければ、    アウトプットはできない。   ■それには常にインプットを続ける努力が重要だ。   ■そうして身につけたものは失うことのない貴重な資産となる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。