毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0445号 お金がなくても、ノウハウを出せばノウハウが買える。


■知識を買うことが、パフォーマンスを上げるための最短の道という
 ことを先日お話ししました。


■そうしたら、

 「お金がない私は、どうすればよいのでしょうか」

 というご質問を多数いただきました。


■私はサラリーマンで自由になるお金があんまりないんです、、、
 あるいは、中小企業を経営しているんですが、かなり経営厳しいです、、、
 セミナーに行きたいのはやまやまですが、地方の人間なので、交通費が、、、

 そんな私はどうしたらよいのでしょうか、と。


■お金で知識が買えないとなれば、ノウハウとノウハウの物々交換しか
 ありません。


■お金を出すか、ノウハウを出すか。

 世の中というものは(あえて、誤解を恐れずにばっさりと言い切ってしまうと)
 基本的には、等価交換の世界でできているのです。


■ノウハウなどがなかった昔の時代には物々交換だったのですが、今は、
 これだけナレッジ(知識)が価値を持つ社会ですから、ナレッジ同士で
 交換できるようになりました。


■人が何年、何十年とかけて築き上げてきた知識をいただこうというの
 です。

 そうしたなら、こちらも相応の知識を出して交換するのか、あるいは
 それを持っていない人はお金で交換するか。そのどちらかしかない。

 分かりやすく割り切っていうと、そういうことになるのです。


■もし、あなたにお金がないとしても、これまでに築き上げてきたノウハウや
 知識があるはずです。


■パーフェクトな人など、世の中には存在しません。すべてのことを網羅して
 いる人というものはいないのです。

 それどころか、20世紀の後半から21世紀にかけてあらゆる商売や学問が
 一気に細分化されてきました。


■その細分化された各分野の専門家という人はいるのですが、そんな人でも
 ひとたび隣のジャンルに入ったならば、もうまったく分からない。
 素人同様。そんなことは多々あります。


■とてもこの人には近づけない、とうていこの会社とは取引できないと自分が
 思っていたとしても、相手が持っていないようなノウハウを持っていれば、
 実は相互補完の関係は簡単に築けるのです。


■お金がないから、お金は出せない。
 ノウハウがないから、ノウハウも出せない。

 でも、あなたのノウハウを教えてほしい。それは、無理な相談というもの。


■ナレッジの等価交換ができれば、それが一番でしょう。
 インターネットの普及も後押しして、そういった情報のやりとりも
 非常にやりやすくなりました。


■しかし、出すべきノウハウがなければ、お金を出すか、汗をかくか、しか
 ありません。

 蓄積したノウハウもない。ノウハウと交換すべきお金は出さない。
 汗はかくつもりがない。努力もするつもり全くなし。
 お願いします。教えてください。の連呼。

 こうなったらもう、どうにもならない。
 さすがにそこまで世の中、甘くはないだろう、ということです。


■ちょっと厳しいですか。でもこれが本質だとおもいます。


■逆に言うと、いま金銭的に乏しい人であっても、自ら蓄積してきた
 仕事上のノウハウを交換していくことで取っ掛かりを付ければ、一段ずつ
 徐々にランクアップしていくことができるようになるのです。

 みんな、最初はそこからなのです。


■実践して、夢を一歩づつ叶えていく。
 これこそまさに、


           【平成のわらしべ長者】


                       なのかもしれませんね。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■仮に今、自分にお金がなくても、相手のノウハウと交換でき    るものがある。それは自分のノウハウである。   ■世の中には基本的に等価交換しか存在しない。お金がなけれ    ば、相手のノウハウと相応のノウハウをこちらも出す。   ■そうすれば、到底付き合えないように思っている人・企業    とも対等の補完関係が築けるのである。   ■手元に資源がなくても、一段ずつ交換できるもののランクを    上げていくことができる。   ■目指せ!【平成のわらしべ長者】!?

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。