毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0441号 高くて安い最高の投資とは。


■知識に対して対価を払わずに、結果として見えざる損失をしてる人が非常に
 多いように思います。


■私は、電話コンサルで最初の1回に限り40分で20000円を申し受けています。

 ※これは一般的な弁護士さんなどよりもはるかに高い金額設定でしょう。

 次からは、月に1回クライアントのところへ数時間訪問するだけで月額数十万
 円の金額をチャージしています。


■それでも有難いことに依頼は殺到しておりますし、まことに申し訳ないことに、
 お受けしきれずにお断りさせていただいているお客様もたくさんおられます。


■こう言うと、ずいぶん高い金額のように聞こえるかもしれません。

 しかし、私がいうのもなんですが、これは非常に安いのです。


■私はここでコンサルティングの営業をしているわけではありません。
 実際、ご依頼があっても現在お受けする時間がありません。


■40分で20000円、あるいは月額数十万、というフィーについて高いという人は、
 それはそれで良いのです。

 そのような方に、こちらから頭を下げて払ってくださいとお願いをする気も
 ありません。

 しかしそういうハードルを越えて、払う人は得をします。


■今までの経験、知識、ノウハウ、さまざまなネットワークといった
 ものを惜しげもなく開放しているわけです。

 そういったものは、私が過去何年にもわたって蓄積してきた経験や事例を、
 ギュッと搾って集めた精髄とでもいうべきもの。

 それを20000円でお分けしているのです。これは分かる人は分かるけれども、
 分からない人は永遠に分からない。


■ある人の過去の成果を凝縮したものを、極めて短期で、お金を使って吸収
 するということは、ビジネスをブレイクスルーさせるためには必ず必要と
 いえます。


■そういうことを認識した人から、ビジネスは成功していくのです。

 私は幸いにも、若いときにこのことに気が付くことができました。
 (今も若いですが!?)


■ある人が何十年とかけて得てきたものを、セミナーなり書籍なり、プライ
 ベートなコンサルティングなり、そういった形で手に入れようとしたとき
 に、それを【相手の時給】という概念で考えてはだめなのです。

 「この人は1時間でこんなにお金をとっていく」

 時給換算で相手の能力を購入する、という考えでは、いつまでたっても
 今のポジション以上に超えていくことはできないでしょう。


■その人が何十年もかけてきた、そして何千万円も、何億円もかけてきた、
 あるいは何億、何十億円という資産を生み出してきたそのノウハウを、
 たったの数時間で買えると思えばこんな安いことはないではありませんか。

 それを目先のお金がもったいないとか、時給に換算して高すぎるとか
 思うこと自体ナンセンスなのです。


■本当にパフォーマンスをあげる商売人やビジネスパーソンというものは、
 そういう考え方をするものです。


■もちろん、ノウハウを提供してくれる人を選ばなければいけないのは
 当たり前のこと。

 そういう目利きもできなければいけませんが、選んだ上で「これだ」という
 ところには、思い切った投資をすべきです。


■知恵や知識、ノウハウにお金を払わないから、いつまでたっても現状の
 レベルから上がっていくことができないのではないでしょうか。


■思い切ってノウハウに対してお金を払うことで、想像をはるかに超える、
 大きな果実を得ることができるのです。

※くれぐれも営業活動ではありませんので、念のため。
 誤解しないでくださいね。

 少なくとも年内~来年1月末までは身動き取れませんし、コンサルを
 お受けするつもりもありませんので。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■知識やノウハウを短期間に得ていくことが、成功への最短    コースである。   ■そのとき、そのノウハウを提供してくれる相手の時給を計算    して値段に対して不平を言うのは考え方が間違っている。   ■その人の莫大な投資を安価かつ短時間で分け与えてもらえる    唯一の道なのだ。   ■知識・ノウハウの吸収に惜しげもなく投資すべきである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。