毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0268号 詰め込み教育こそが真の教育である。


■詰め込み教育こそ、真の教育である。
 まことそのとおり。おっしゃるとおりです。

 うなづきながら、全面肯定しながら読んでしまう漫画を読んだのは
 久しぶりのような気がします。


■この漫画には、今までの体験と照らし合わせてもほんとにそうだなぁ、
 と思えるたくさんの知恵や気づきが、ちりばめられています。

 たかが漫画とおっしゃられずに、どうぞご一読ください。


■【勇気と希望と知恵と知識】をここから最短で学ぶことができると思うから。

 一冊10分、全30分で学習の本質、最短の道筋をつかむことができると
 おもいます。

 これを中学高校時代に読んでおけば...、と悔やまれる本でもあります。
 (もっとも当時は、この漫画、世に存在していませんでしたが...)


■手放しでお勧めできる本ですね。

 これは本当に素晴らしい!です。思わず読みふけってしまって、
 メルマガ配信が遅くなってしまったくらいで。(ごめんなさい)


 【 今日のお勧め本 ドラゴン桜(第一巻)】


 【 今日のお勧め本 ドラゴン桜(第二巻)】


 【 今日のお勧め本 ドラゴン桜(第三巻)】


 ▼こんな漫画です。

 (Amazon出版社/著者からの内容紹介、より引用)
  ========
 「教えてやる!東大は簡単だ!!」
  常識破り 処世術

  弁護士・桜木による落ちこぼれ高校の再建計画、その内容は東大合格者
  100人!!
  日本のルールは東大を出たやつが作っている
  だから......東大に入れ!!

  もっとも効率的な学習法を教えよう!!
 ========


■じつはこの漫画、かねてより様々にビジネスその他の面においてご教示
 頂いている、ちんかも大王さんより教えていただきました。
 ほんと、大変にお世話になっている方なのです。

 (ちんかも大王HP⇒決してへんな意味ではございません。詳しくはHPを
  ご覧ください)
 ⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/yotaro802/diary/200405270000/


■わたしも結構、本を読んだりしてそこそこ勉強はしてきていたつもり
 だったんですが、正直、ちんかも大王さまには一生追いつけないんで
 しょうかね。

 どうも察するところ、私の100倍くらいは本を読まれているようです。

 ジャンル問わず、難解な概念をきわめて平易に分かりやすく、たとえ話
 なんかも用いながら解説されてしまう。


■世の中に、こんな密度の濃い文章をこんなにも分かりやすく書く人がいるんだ、
 と多大なるインスピレーションを与えてくださる人が何人かあり、その中
 でも身近な人としては数名。

 その身近な人のなかでもトップクラスの、読みやすさと深さを極めた文章を
 かかれる方が「ちんかも大王」さんなのです。


■10冊ほど上梓されている既刊の本もよいですが、日記はなお内容が濃いと
 思う、といったら怒られますか?

 本だけでなく、セミナーにもよく参加されてご一緒する機会も多いのですが、
 ほんとに勉強熱心で実際のビジネスでも数々の素晴らしい実績を残されて
 います。

 (プロフィール)
 http://plaza.rakuten.co.jp/yotaro802/profile/

 いや、ほんとすごい方で、接するたびに勉強させて頂いております。


■そんなちんかも大王さまも詰め込み教育について肯定的な見解をもたれて
 います。

 肯定的というよりも、全面的に勧めていらっしゃるといったほうが
 よいのでしょうか。

 (ここからちんかも大王日記より無断引用。すみませんです...)
 ===========

 最近では好きなのは「ドラゴン桜」良い決め台詞がいっぱいあります。

 「つめ込みこそ真の教育である」

 なんて最高の決めセリフです。
 それがまた本当だからなぁ

 こうやって商いのことを浸透させられたら良いのになぁ

 つめ込み批判をしている人で成功している人って見たことないんですよねぇ
 頭の良い人はつめ込み批判しないですもん。
 頭に情報がつめ込まれていなければ競争のスタートラインにも立てません。
 だからつめ込みを批判するよりも、どうやれば結果的につめ込めるかを工夫
 はするかもしれないけど詰め込み教育批判する人って大抵成功していない人
 なんですよねぇ

 成功している人は9割は読書家、それも多読家、乱読家。
 1割の読書をしない人も好奇心旺盛で普通の成功者とは違う情報収集のプロセス
 を持っていて読書家と張り合っても全く遜色ないほど物を知っています。

 結局別のプロセスで詰め込んでいるんです。

 ============


■もちろん、私も全面賛成です。

 詰め込みなくして、アイディアの発展もありえないですから。

 何度かこのメルマガでもご紹介させていただいている、発想の生み出し方
 についてのジェームス・ヤングの古典的名著、

 【 今日のお勧め本 アイデアのつくりかた】


 を引き合いに出すまでもなく、アイデアは、異なる二者の結合により、
 新しく生まれるもの。


■だから詰め込み教育こそが、新しい発想の源になるのですね。
 経験からもそのとおりと思います。

 思考の基礎となるデータ量が乏しくて、新しいアイデアが生まれるはずが
 ありません。


■実際に創造性のある人、結果を残す人、はすべて詰め込み教育を経てきた、
 そして現在進行形で詰め込み教育を自らに施している人であるように
 思います。


■ここであなたにご提案。

 まずは最低限、自分が関係している、あるいは事を起こそうと思っている
 ジャンルについて、最低限の詰め込み教育を自らに課してみてはいかが
 でしょうか。

 気分は大学受験、という感じで。


■自分のフィールドにおける本を年間100冊。5年で500冊読めば、該当
 する分野で一番になれる。
 年間300冊読めば2年でなれるかも。

 あるいは一番にはなれなくても、最低限、ほかの人から一目も二目も
 おかれ、そのジャンルについては自分の存在を知らない人がいない
 くらいの存在になれるであろうことは、間違いありません。


■勇気と希望と知恵と知識を持て!!
 やってみるべし!!

 【 今日のお勧め本 ドラゴン桜(第一巻)】


 【 今日のお勧め本 ドラゴン桜(第二巻)】


 【 今日のお勧め本 ドラゴン桜(第三巻)】


 ほんとにいい本(漫画)でした。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■詰め込み教育こそ真の教育である。    インプットされているデータ量が乏しければ、アウトプット    の質と量も低い水準にとどまらざるを得ない。   ■すべてのジャンルについての詰め込み教育は困難としても、    少なくとも自分の所属するフィールドについて、一度、徹底    的に詰め込みを施してみてはどうか。   ■セミナー、書籍等に本気で2000時間も投入すれば、業界に    おけるトップ数%の仲間入りができるのは間違いありません。   ■どの業界でも実績を持っている人は、例外なく勉強熱心。    努力もせずに夢みたいなことを思い描き、短絡的な結果    を求める人は、彼らプロフェッショナル・ビジネスパーソン    には相手にもされません。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。