毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0237号 電通「鬼十則」。


■今日、喫茶店で面白い本を読みました。

 その名も

 【 今日のお勧め本 広告の鬼 吉田秀雄からのメッセージ 電通鬼十則】


 日本最大の広告代理店、電通中興の祖といわれる故吉田氏の遺した
 仕事に取り組む際の心構えを10にまとめて表されたものです。

 存在自体は、以前に日経だったか、サンケイだったかに、連載がされて
 いたことがあり知っていましたし、印象に残っていたのですが、改めて
 この本を手に取ったときに無性に書き写したくなり購入いたしました。


■そんなわけで実は本文はあんまり読んでません。10分くらいで
 ぶっとばして読んでしまいました。著者の方、ごめんなさい...

 ただ、本屋さんで手にとって、ぱらぱらと見て、この「鬼十則」は
 ぜひ、紙に書いて張っておきたいと思ったので、購入したのです。


■以下、ご紹介。


 1)仕事は自ら「創る」べきで、与えられるべきではない。
 2)仕事とは、先手先手と「働き掛け」、受身でやるべきではない。
 3)「大きな仕事」と取り組め。小さい仕事は己を小さくする。
 4)「難しい仕事」をねらえ。それを成し遂げるところに進歩がある。
 5)取り組んだら「放すな」。殺されても放すな。
 6)周囲を「引きずり廻せ」。引きずるのと引きずられるのとでは、
   長い間に天地の差が出来る。
 7)「計画」を持て。長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と
   正しい努力と希望が生まれる。
 8)「自信」を持て。自信がないから君の仕事は迫力も粘りも
   厚みすらもない。
 9)頭は常に「全回転」。八方に気を配って一分の隙があっては
   ならぬ。サービスとはそのようなものだ。
 10)「摩擦を恐れるな」。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。
   でないと、きみは卑屈未練になる。


■どうでしょう。素晴らしい、やる気がでてくる文章だと思いませんか?
 わたしはこれをプリントアウトして、壁に貼り付けようと思っています。

 自らの指針を、壁に貼る、手帳に著す、のは常に自分を律するという
 点で非常に効果があるものですよね。

 お勧めいたします。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自分を律する。心構えを正してくれる。    そんな標語や、自分を燃やしてくれる言葉に常に接する。   ■壁に貼る、手帳に貼る。    古典的ではあるけれど、非常に効果のある方法。   ■手はじめに、鬼十訓、を手元においていつも眺めてみては    いかがでしょうか?

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。