毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0226号 千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす。


■毎日やり続けないと、見えてこないこと、ってあるようですね。

 私はこのメルマガを始める前から、自分の手帳やメモ帳で、毎日の
 気づきを書き留める習慣がありましたし、それを、楽天日記にアップ
 し続けていた時期もありました。(今でも思いついたときに、ちょろ
 ちょろとアップしています)

 そして今は「平成・進化論。」にて、毎日感じていることや考えて
 いることを配信し続けています。


■毎日毎日、同じことをやり続けることで知らされることがあります。
 そしてそれは、恐らくはやり続けた人でなければ分からないこと。


■どんな仕事や技術でも、愚者のごとくに、来る日も来る日も同じことを
 やり続けていくことで、多くの一流人が言われるとおり、量が質に
 転化するところがあるのではないかという思想の信奉者でもあります。
 私は。


■毎日やりつづけることで学んだことはそれこそ、本当に多数ありますが、
 そのほんの一例として、私の場合は、毎日書き続けることで、自分の
 モチベーションが数値化できることに気づきました。

 フル稼働して、一日20時間くらい働き続けることができる日が
 あります。こんなときは睡眠時間を、ほとんどとらず、食事も
 すべて出前を取り、目の前の事に没頭し続けることができます。

 このときのモチベーションを10とすれば、ちょっと落ち込んでいるとき
 は7、かなりきつい状態のときは5、とか。


■毎日、書き続け、配信し続けるためモチベーション4以下、にしない
 こと。そうなると、机に向かうこと自体億劫になります。

 ですから、無理やりでもモチベーションを高めて、5以上に
 持っていく術を身につけることもできるようになりました。

 日刊メルマガを配信していなければ、こういった微妙なメンタル面などの
 コントロールに意識を払うこともなかったでしょうね。


■よく、毎日メルマガを配信し続けることができますね、なんて
 お会いした方から言われることがありますが、もともと文章を書くのが
 趣味で自分の考えていることを表現できる場が持てることが楽しい、
 ので基本的には、まいにちまいにち、嬉しく楽しくメルマガを書いています。

 とはいえ、数ヶ月に一度くらい、どうしても肉体的・精神的・時間的に書く
 事が困難である日があったりもします。

 人間ですから当然のことなんですが。


■そんなときに、毎日の習慣というのは大きいですね。
 自動操縦で、そんな中でもやるべきことをきちんと行うように心身が
 既に教育されているようです。

 結果を残せるかどうかは、一時の思いつきではなく、それを習慣化
 することが出来ているかどうか、という話はよく聞きますが、
 どんな行為であってでも、習慣化してしまっていると非常な強みに
 なるようです。

 習慣化しているので、うまく自分をコントロールして結果を残す
 ように仕向けることが出来るのです。


■私はメルマガを毎日発行することを習慣化していますから、モチベー
 ションが下がり始めたときなど、すぐに分かります。

 いつもと違って、PCに向かうことが億劫になることがあります。
 なだらかなカーブを描いて、モチベーションが上がったり、下がったり
 することも面白いように感じることができます。

 あ、段々上り調子になってきているな、とかそろそろてこ入れ
 しなければ、落ち込んでいくな、とか。


■毎日、文章を書くことで自分自身の立ち位置を定点観測しているから
 早め早めの対策も打つことができるし、モチベーションを4以下に
 落とさずに、持ち上げる術も身につけることができたといえる
 のかもしれません。

 宮本武蔵は、五輪の書の中で、

 ▼千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす

 と記していますが、私の好きな言葉です。


■やはり、毎日毎日、なんらかの前向きな自分を維持し続けるための
 習慣は持たれるのがよいと思います。

 自分自身に対しての、鋭敏な視点がきっと持てると思います。


■毎日、日記を書き続けるのもよいでしょうし、メルマガ配信でも
 いいかもしれません。
 毎日のテレアポ数かもしれないし、手紙やハガキを書く数でも
 いいでしょう。
 本を一日一冊読むという習慣でもいいですし、毎日、5人の人に
 温かい言葉を投げかける、とかでも。

 前向きな習慣を行い続けることで敏感に自分の状態を関知すること
 ができるようになります。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす。    剣豪宮本武蔵の言葉。    鍛錬とは、毎日毎日の地道な努力の積み重ね。   ■平凡を非凡に積み重ねることで、積み重なると驚くべき    結果がそこに生み出されることとなる   ■自分を向上させてくれる、前向きな習慣を積み重ねることで    粗い自己分析ではなく、より鋭敏なセルフコントロールが    行えるようになります。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。