毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0183号 ハインリッヒの法則。


■ハインリッヒの法則、という法則があります。
 またの名を1:29:300の法則、とも。

 アメリカの技師、ハインリッヒが発見(というか発表?)した法則で、

 「1件の重大災害(死亡・重傷)が発生する背景に、29件の軽傷事故と
 300件のヒヤリ・ハットがある。」

 というもの。


■ちょうど大きな事故というのは、氷山の一角、というか氷山の頂点の
 ようなもので、たまたま現れるものなんですよね。

 その背後には、一歩間違えば危なかった、という29件の事故と、300件の
 ヒヤッとしたり、ハッとする体験がある、という、そんな法則。


■これは事故、災害の世界を語られるときにはずせない、非常に有名な
 法則ですが、実はこの法則って、他のところでも成り立つのではないか
 と最近考えたりしています。

 たとえば、ビジネスにおいても。


■たくさんの人に会うようにしましょう。たくさんのセミナーに
 参加しましょう。たくさんの本を読みましょう。いろんな教材を買って、
 勉強しましょう。

 って、いつもメルマガでお伝えしていますが、これは私なりの体験に
 基づいてのお話しです。


■結局、ビジネスを行う、というのは、未知の道程を歩き続けるということ
 ですからそこに、たくさんのヒヤリ夫人やハット氏が現れるわけです。

 その比率はおそらく、ハインリッヒの法則と同じような比率では
 なかろうか、と。(あくまで仮説ですよ)


■小さなトラブルがあっても、なぁなぁ、で済ませて成り行き任せで
 過ごしているうちに、やがてその姿勢が重大な問題に発展してしまう。


■たとえば、倒産の憂き目にあう、とか、だまされて家屋敷を失う、とか
 片腕の裏切りにあう、とかその他、いろんな苦難や災害に遭遇すること
 もあるかもしれません。


■別に商売していないくても、今生きている世界は、そこここで魑魅魍魎が
 跋扈している世界でもありますから、なにかの拍子に道を踏み外すことで
 あっという間に転落してしまうことが往々にしてあります。
 (渡る世間に鬼はなし、なのか鬼ばかり、なのかわかりませんが、少なく
 とも、鬼が存在することだけは間違いなさそうです)

 私の身の回りにもやはり、ガードが甘かったために、悲惨な目に会わされた
 人が何人もあります。かくいう私も、身の危険を感じたこと、あります。

 こういう状況を重大災害、とします。


■重大災害1を防ごうと思ったら、やはりその下にある、29件の軽傷事故や
 300件のヒヤリ、ハット、を感じたときに、重大災害を未然に防ぐ術も学習
 しなければなりませんし、常に対応策を考えておかなければなりません。


■やっぱりこういう勉強も必要なんですよね。


■昨日は目標を100個掲げよう、とか威勢のいいことをいって、たくさんの
 読者さまからの好感をもっての反響を頂きました。

 我ながら、いいこといったよな、と自画自賛したい内容でもあるのですが、
 同時に、身を守るための防衛策もきっちりと固めておきたいものです。

 警察官が詐欺にひっかっかったりするご時世(でも昔からよくあるそうですが...)
 で、自分の身は自分で守ることがますます要請されていますよね。


■攻めるだけでもダメ、守るだけでもダメ。
 最近、攻めることばかりがいろんなメディアで取り上げられますが、
 攻守のバランスを取る(最低限の防衛策を取る)必要はありますね。


■一面では、本当に怖い世の中でもあります。

 そんなわけで、リクスヘッジのための勉強は常にしています。
 あんまり楽しい話題ではありませんから、このメルマガでもそんなに
 取り上げることはありませんが。

 でも、いろんな実体験を直接聞いたり、本を読んだり、セミナー行ったり、
 で様々な悪の手からの防衛策は講じています。


■また、私の携帯電話には、身を守るための術として、弁護士さんから、
 警察キャリア官僚、OB,各業界の専門家、その道に通じた方、その他、
 必要に応じていつでも対応できるようにきっちりばっちり番号登録されています。

 転ばぬ先の杖、です。
 今まで幾多のヒヤリ、ハットを経験してきた上での対応策です。
 生々しい話でごめんなさい。

 でも、きれいなところだけを見て、世の中、渡っていけないのも真実のようです。

 まぁ、これでも読んでみてください。

 【 今日のお勧め本 倒産社長の告白】


■今日はちょっと強引な持っていきかたでしたね(苦笑)

 今日は何、書こうかな、と思ったときにふっとハインリッヒの法則が
 頭になぜか思い浮かんだので、タイトルに「ハインリッヒの法則。」
 とつけました。そこに理由はなんにもありません。
 適当ですね。。。

 つけた瞬間にこういう強引な結末は予想できたんですが。
 たまにはいいですよね、こういうのも。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ハインリッヒの法則。    1:29:300。ヒヤリ、ハットは重大事故の前兆。   ■ヒヤリ、ハットが起きるたびに、重大事故を未然に防ぐため    の対応策を考えてみる。   ■このプロセスをおそろかにするから、重大災害に巻き込まれる    可能性が増大する。建設現場もビジネスも、まったく一緒。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。