毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0180号 重要、かつ、やるべきこと、を速やかに行う。


■やるべきこと、そしてやらないと人さまに迷惑がかかることは何をさて
 おいても、本来なら最優先でやらないといけませんね。

 私は悪い習性をもっていて、やるべきことを後回しにして、いま、すぐに
 やらなくてもいいけれど、手軽に行えてしまうようなことを優先して
 やってしまう癖が昔からありました。


■思い起こせば中学高校時代からそういう習慣があったように思います。

 中間・期末試験が近づいてくればくるほど、むしょうに本が読みたくなるの
 です。今から思うと単なる現実逃避なんですが。


■そして結局、試験の前日まで勉強に手が付かず、前日になっても、
 まだ本格勉強モードに入ることが出来ず、この章を読み終わってから、とか
 きりのいいところまで読み進めてから、ということで、だらだらやっちゃった
 りしてました。

 結局、夜が明け空が白む頃に、どうしようどうしようと重たい心を抱えながら、
 教科書を読みはじめるということを結局6年間繰り返してきました。

 当然、各学期の終業式にもらう通知簿はいつも真っ赤に染まって、ゆううつな
 気持ちをかかえながら家路についたものです。


■大学を卒業して、社会人になって、なんとかそういう習慣を抑えられる
 ようになったかな、と思ってたのですが、ここにきてまたぞろ、そういう
 傾向が現れ始めてきていて反省しているところです。


 【 今日のお勧め本 カエルを食べてしまえ】


 という本があります。


■この本によると昔の格言でこういうのがあるそうです。(欧米の格言
 なんでしょうね)


 「朝一番生きたカエルを食べれば、その日の最悪事はもう終わったと安心
  して過ごすことが出来る」


■この格言どおり、「最も難しく重要な仕事でいまやらなければどんどん
 後回しになってしまう」という仕事(カエル)を先に片付ける(食べる)
 ことが出来れば精神衛生上もかなりいい状態で、毎日を過ごすことが
 出来るようになるはずです。


■私も意識して、これを行うようにしてきていたのですが、それでも厳しく
 自分を律し、こういう習慣付けを継続して行わないと、ついついみにくい
 カエルを食べるのは後回しにしてしまいます。

 反省と自戒を込めて、本日から改めて醜いカエルを優先して食べて、
 ゆったりした気持ちで毎日を過ごせるようにしていきたいと思います。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■重要な仕事が二つあったら、難しく大変なほうから取り掛か    ること。   ■重要でやる気が起きない仕事と、重要でないけれども、簡単    に片付けられる仕事。つい、後者を優先させてしまいがち    ですが、心を鬼にして、前者から片付ける。   ■えてしてやりかかるとたいしたことのない仕事なのに、やる    前は難事業を行うくらいの気構えが必要だったりします。    最初にやりはじめる(カエルを一口でもたべはじめる)こと    が大事。一口食べると、あとは自動的に食べ終わるまで簡単    に進むものだったりします。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。