活動ダイジェスト

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1250号 トリニティーセキュリティーシステムズ林元徳社長


■こんにちは、鮒谷です。

 昨日は、プレジデンツ・データ・バンク株式会社の執行役員さん
 お二人を含むみなさまと当社スタッフでミーティング。

 こちらの社名はご存じなくても、ベンチャー企業の経営者の方であれば
 「VFN(ベンチャーファクトリーニュース)」というフリーペーパーの
 ことはご存知ではないでしょうか。

 いろいろコラボ企画で面白いことをやっていきましょう、と。
 これも近日中に発表、かな。


■夜の部は、

 いつも大変お世話になっている某IT関連企業の執行役員を
 つとめられるHさんから

 株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ 代表取締役の
 林元徳さんをご紹介いただきました。

 会食の場所は

 <石器料理 いしかわ>
 
 にて。(石器料理、という言葉は始めて聞きました...(造語?))


■林社長は以前、スクエアに在籍され、ファイナルファンタジー8の
 開発責任者としてご活躍された方。

 ファイナルファンタジー8は、
 ファイナルファンタジーシリーズ中最高の販売本数であり、
 なんと発売総数が300万本を大きく超えたそうです。

 とすると、

 「平成・進化論。」読者さんの少なからぬ方々も夢中で
 プレイされたことがあるのでは!?


■なんとFF8でたたき出した利益は「3ケタ億円」の単位だったそう
 ですから驚きです。

 さすがにそれだけのものを世の中に出すとなると、相応の
 プロジェクトの規模で、外注さんなどを含めると、のべ1000人ほどの人
 を統括するプロジェクトだったそうです。


■じつはここのところ、

 「修羅場をくぐる」「矢弾に当たる」

 が、最近の私の中でのキーワードだったのですが、
 当時のお話を林社長から伺うと、いま、たいへんだなぁ、なんて
 思っていることが小さく小さく感じてしまいました。

 林さんが通ってこられた道こそ本当の

 【 修羅の道 】

 だったのですね。

 社会的にも大きなインパクトを与えたプロジェクトを推進して
 こられた方の生の体験話というのは非常に興味深く、学びになり、
 また含蓄深いものです。


■その後、

 「世界中のユーザが安心してデジタル情報を活用できる
  安全な情報ネットワーク社会の実現」

 という高い志を持たれてセキュリティ関連の会社を
 立ち上げられたのですが、

 それが、冒頭にもご紹介した、

 <株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ>

 こちらの会社。


■技術的なことは、わたしも理解不十分なところもあり、
 詳述できないのですが、

 とにかく林社長のお話は熱い!熱い!熱い!

 毎日のように多くの経営者とお会いしていますが、その中でも
 格別に印象に残る大きなインパクトを与えていただきました。


■ユーザーがセキュリティを意識しないで、セキュリティが守られている
 という世界を生み出したいという壮大な志を持たれ、
 その大きな目標を実現するために真摯に、真剣に事業に取り組まれている
 姿に打たれます。

 技術的な優位性はかなりあるそうで、機密の漏洩を決して起こしては
 いけない官公庁はじめ各企業からの引き合いも多数あるようです。


■とはいえ、目指す目標が富士山の頂上だとすると、創業7年を迎え
 年商20億を超えた今でも数メートルしか登っていないとも。

 (ひたすら開発に没頭していた時期があり、実質4年前に年商1億くらい
  だったとのことですから、この数年で急激に成長なされて
  いらっしゃるのですが)


■今回の会食時にも話題に上ったのですが、おりしも上場企業が
 上場廃止したくなるくらい泣きがはいるほど大変な日本版SOX法が
 いよいよ施行されることとなります。

 上場企業だけでなく業務委託先まですべて関係してくる(=ほとんどの
 中堅中小企業も関係してくる)話ですから、
 中堅・中小企業の経営者、部門担当者はほんとうに頭を悩まされて
 いることとおもいます。

 そんな方こそ、ぜひ

 <株式会社トリニティーセキュリティーシステムズ>

 こちらのサービスを検討してみられてはいかがでしょうか。


■なにが驚いたといっても、(専門家の方には常識なのかもしれませんが)
 無線LANのWEPという規格、よく聞きますが、セキュリティは
 ほんとうに「よわよわ」なんですね。

 ツールがあったらさくっと数分で進入可能とか。
 おっそろしいことです。

 とくに無線LANのセキュリティを強固にしたい!とお考えの方も
 ぜひ一度、上記サイトにアクセスしてみられてください。


■いうまでもないですが、このご紹介は当社がビジネスとして
 行っているのではございません。あくまで読者様への有用な情報の
 ご提供のためです。(念のため)

 誌面の関係でかけませんが、林さんとご面識をいただき、
 この会社を立ち上げられた経緯をお聞きした私としては
 応援せずにはおれないのです。


■ぜひご関心をお持ちの方はアクセスしてみてください。

 林社長、ご紹介くださったHさん、ご同席くださったYさん、
 どうもありがとうございました!

 昨日も素晴らしい出会いを頂戴いたしました。


■それでは今日のピークパフォーマンス方程式(ビジネスにおいて、
 最高の結果を発揮するための方程式)をどうぞ。


 今日は、


 【 教わる学びにニスを塗って長持ちさせるには 】


 というテーマでお伝えします。

 あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。


カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。